肌保護してくれるセラミド

セラミドは肌の潤いのような保湿能をアップさせたり、皮膚の水分が逃げるのをしっかりと防いだり、外部から入る刺激とか雑菌の侵入を防御したりする働きを担っているのです。

「無添加と言われる化粧水を選んで使っているから大丈夫だろう」なんて想定している方、その無添加化粧水は本物の無添加ですか?知らない人も多いと思うのですが、添加物をたった1つ入れていないというだけでも「無添加」と書いて全く構わないのです。

石鹸などで洗顔した後は放っておくと化粧水の肌への浸透の割合は低くなります。また洗顔料により汚れを落とした後がもっとも乾燥が進むので、なるべく早く潤い保湿成分の入った化粧水を塗らないと乾燥状態になってしまいます。

自然界には稀な成長因子を含む成分であるプラセンタは休む間もなくフレッシュな細胞を作るように仕向ける作用があり、身体の外側だけでなく内側から隅々まで行き渡って細胞の単位で肌及び身体を若さへと導きます。

セラミドは肌の角層において、細胞同士の間でスポンジのように働いて水分油分を着実に抱え込んでいる脂質の一種です。肌と毛髪の潤いを守るために重要な作用をしています。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以降は急激に減少し始め、40代以降には赤ちゃん時代と比較してみると、5割程度にまで減少してしまい、60代ではかなり減ってしまいます。

「美容液は高価なものだからちょっとずつしか使えない」とおっしゃる方もいますが、肌のために作られた美容液をケチって少ししか使わないなら、いっそのこと化粧品を購入しない生き方を選んだ方がベターなのではないかとすら思ってしまいます。

乳液やクリームを控えて化粧水だけ利用する方もみられますが、このようなケアはストレートに言えば大きく間違っています。保湿をしっかりやらないためにむしろ皮脂が多く出たりニキビが発生したりするわけです。

最近は技術が進歩し、プラセンタの中にある有効成分を安全性の非常に高い方法で抽出することが可能になり、プラセンタの多様な効用が科学的にしっかり裏付けられており、より一層詳しい研究もなされているのです。

プラセンタとは英語で言うところの胎盤を指します。化粧品やサプリメントで最近頻繁に厳選したプラセンタ含有など目にする機会がありますが、これ自体臓器としての胎盤のことをいうのではありませんので心配する必要はありません。

皮膚の真皮層の70%がコラーゲンから成り立ち、細胞と細胞の間にできる隙間をセメントのように埋めて繊維状もしくは膜状に存在しているのです。肌にハリやつやを与え、シワの少ない肌を守る真皮層を形成する中心となる成分です。

Comments are Disabled