美容部員さんの座談会

私は通常、美白を気にかけているので時期を問わず一年中、美白タイプのベース化粧品を使用しています。結局、使用しているのと不使用とでは全然違うと考えます。美白種類の物を使い出してからはシミやくすみがさほど気に留めなくなりました。美容部員さんの座談会で肌が薄い人の話になりました。肌が薄くてシワができやすい人って、一定数いるんです。シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、これまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみてちょーだい。手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は残念ながら注意が必要です。表皮が薄いと水分が保持できないばかりか季節のダメージを受けやすいので、劣化(老化)が進行しやすいです。

以前は大丈夫だったとしても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、肌質に本当に合ったケアを考えてみるべきだと思っています。シミ対策などのスキンケアには、体の内部のメンテナンスも鍵になります。特に、ビタミンCは美白効果を持つと言われていて、レモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。

また、肌の水分が不足してくるとシミ発生の引き金にもなりかねないので、コラーゲン満載の、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べましょう。

また、食生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)においては、シミのことだけを考えるのではなく、バランスのとれた栄養摂取も重要です。洗顔は1日に何回するのがベストなのかおわかりでしょうか。

答えは1つ、朝と夜の2回です。これ以上顔を洗うのは肌を弱くしてしまう1番の理由です。回数をたくさんする分丈夫になるわけではなく、1日2回までとするのが美しい肌へと繋がっていくのです。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もその機能を落としてしまいます。
http://www.prosportburgos.com

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。健康的な肌を保つ為には、禁煙した方がいいでしょう。基本的に朝は時間に余裕がないので、十分に時間をかけてスキンケアできない人も少なくないと思っています。一分は朝とても貴重あものです。しかし、朝の肌ケアを手を抜いてしまうと、一日健やかな肌を保てなくなります。楽しい一日を過ごすためにも、きちんと朝にスキンケアをおこないましょう一旦お肌に出来てしまったシミなどのトラブルは、容易に消せるものでは無いと多くの方が思っているようですが、なかなかシミが薄くならないというのは家庭のスキンケアの話ですから、専門の機器を使えばそうとばかりも言えません。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえば簡単に消すことが出来るのです。

もちろん、施術費用はそれなりにかかりますし、治療後にもケアが必要になりますが、シミというコンプレックスを持ちつづけてしまうよりは治療を受けてみるのも、一つの解決策であると思っています。常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾燥対策のために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、ゆったりと入浴を楽しんでいます。しかし、真冬の時期は化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水に加え、保湿美容液もしっかり塗って入浴をつづけていますが、これをやるようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。びしっとメイクも悪くないが最終的に大事なのはありのままの肌の美しさだと感じます。ちょくちょく肌をこまめに手入れして、肌本来のポテンシャルを引き出し、いつかありのままの素顔でも人前に出るのが楽しくなるくらいの自信を持ちたいと希望します。

素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。肌年齢を進行させるのは、加齢による保湿機能の劣化を除けば、紫外線によるものがほとんどです。シワの原因をシャットアウトするのが大事です。

具体的にはサンスクリーン剤や紫外線ケアグッズなどで紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。もし長時間日光に当たったら冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたアト、刺激が少ない化粧水やボディミルクなどで保湿して、シミやシワの元を作らないように心がけましょう。肌の劣化防止に役たつはずです。

Comments are Disabled